★クールでエレガントな歌声でシンプルに歌う CD CAROL WELSMAN キャロル・ウェルスマン / THIS IS CAROL - ディス・イズ・キャロル―ラヴ・ソング20

  • 2016.09.27 Tuesday
  • 20:59

★クールでエレガントな歌声でシンプルに歌う CD CAROL WELSMAN キャロル・ウェルスマン / THIS IS CAROL - ディス・イズ・キャロル―ラヴ・ソング20

※日本先行発売
ダイアナ・クラールと並びカナダを代表するシンガー&ピアニスト、キャロル・ウェルスマンの魅力を凝縮した弾き語りアルバム。

CD CAROL WELSMAN キャロル・ウェルスマン / THIS IS CAROL - ディス・イズ・キャロル―ラヴ・ソング20


ヴォーカル王国カナダの多くの女性シンガーの中でも人気、実力を兼ね備えたトップ・シンガー、キャロル・ウェルスマン。オスカー・ピーターソンが絶賛し、ハービー・ハンコックが惚れ込んだ彼女の待望のニュー・レコーディングはそのクールでエレガントな歌声と絶妙のピアノ・プレイで20曲のラヴ・ソングを奏でる。ゲストにサウダージ感溢れるまろやかな歌声とギターで音楽通を唸らせるブラジリアン・シンガー&ギタリスト、ポリーニョ・ガルシアが参加。(新譜案内より)

1.スカイラーク
2.いそしぎ
3.哀しみのクラウン
4.スマイル
5.イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー
6.シェルブールの雨傘
7.優しき伴侶を
8.ティーチ・ミー・トゥナイト
9.枯葉
10.コルコヴァード
11.ダニー・ボーイ
12.遥かなる影
13.イパネマの娘
14.ベサメ・ムーチョ
15.魅せられて
16.黒いオルフェ
17.ジョニー・ギター
18.マイ・フーリッシュ・ハート
19.ある恋の物語
20.マイ・ファニー・ヴァレンタイン

メンバー:
キャロル・ウェルスマン (vo, p)
ポリーニョ・ガルシア (g/10.13.14.16.17, vo/16 )
録音:2016年8月/ ロサンゼルス

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ★初登場音源3 トラックを含む貴重音源14 曲 CD Jazz Haunts & Magic Vaults / The New Lost Classics of Resonance, Volume 1

    • 2016.09.27 Tuesday
    • 20:53

    ★初登場音源3 トラックを含む貴重音源14 曲 CD Jazz Haunts & Magic Vaults / The New Lost Classics of Resonance, Volume 1

     

    ★国内仕様盤は、4頁ブックレット付。書下ろしライナーノーツ=1頁
    ★各収録曲のオリジナルとなった作品のジャケ及び紹介文=3頁


    CD Jazz Haunts & Magic Vaults / The New Lost Classics of Resonance, Volume 1


    ↓注目曲↓
    〜未発表曲〜
    1)(M2収録)ブルーノートの看板グループ、スリー・サウンズの音源(1960年代中盤シアトル/ペントハウス・ジャズ・クラブでの録音)
    2)(M5収録)サンプリングのネタとしてもつかわれ、レアグル界隈でも話題の尽きないモータウン・サウンドのレジェンド・ギタリスト、デニス・コフィー(1968年)の音源
    3)(M13収録)ウエス・モンゴメリーの未発表音源(1950年代中盤)も!!!

    ★2016 年、最大級の話題を巻き起こしているビル・エヴァンスの未発表スタジオ音源『サム・アザー・タイム-ザ・ロスト・セッション・フロム・ザ・ブラック・フォレスト』を送りだした、Resonance Records(レゾナンス・レコーズ) の、究極のコンピレーション!

    ★発掘する音源は、単なる未発表であるだけでなく、玄人なファンや、時には研究者も驚かす、音源が多数。実際、ビル・エヴァンスのサム・アザー・タイム』に関しては、関係者のみしか知らなかった正真正銘の超秘蔵音源で、その発掘/作品化は、ジャズの歴史を塗り替えたと言ってもよいでしょう。

    ★本作は、その発掘人/プロデューサー、ゼヴ・フェルドマンが貴重なアーカイヴから、とっておきのトラックを選んだ14トラック。☆収録された一例をあげれば、本年2016年に50周年を迎えたサド・ジョーンズ&メル・ルイス・ジャズ・オーケストラ(現/ヴァンガード・オーケストラ)が正に産声を上げたその日(1966 年2月7日)の音源を筆頭に、レーベル初期にリリースし、レーベルの存在を知らしめた花形トランペッター、フレディ・ハバードの未発表ライヴあり、チャールス・ロイドやラリー・ヤングといった60年代のスピリッツを伝える音源あり、また、先ごろ発表されたサラ・ヴォーンの一つの頂点を捉えたヴォーカル作品・・そして、ジャズ・ボサの最強コンビ、スタン・ゲッツ&ジョアン・ジルベルトの極上音源まで・・。

    ☆また、このコンピレーションには、世界初登場となる音源を3 トラック収録!ブルーノートの看板グループ、スリー・サウンズの音源(60 年代中盤シアトル/ペントハウス・ジャズ・クラブでの録音)、サンプリングのネタとしてもつかわれ、レアグル界隈でも話題の尽きないモータウン・サウンドのレジェンド・ギタリスト、デニス・コフィー(68 年)、そして、さらにウエス・モンゴメリーの未発表音源(50 年代中盤)も1トラック収録されています。

    ★幅広い音源で、ジャズの奥深さに触れるのもよし、未発表音源の数々に、新たなる出会いを楽しむのもよし、レーベルの手掛けるクォリティの高さを物語る一作!ジャズに精通するプロデューサー、ゼヴ・フェルドマンの選曲センスにも注目です。(新譜案内より)

    1. Low Down - Thad Jones/Mel Lewis Orchestra
    (All My Yesterdays: The Debut 1966 Recordings at the Village Vanguard / HCD.2023=KKJ.1013)
    2. Blue Genes - The Three Sounds featuring Gene Harris (Groovin' Hard: Live at The Penthouse 1964-1968 / HCD.2025)*
    3. Something Happens To Me - Shirley Horn (Live at the Four Queens / HCD.2015 )
    4. Happiness Is Now - Freddie Hubbard (Pinnacle: Live and Unreleased at Keystone Korner / HCD.2007)
    5. Fuzz - Dennis Coffey (Hot Coffey In The D: Burnin' At Morey Baker's Showplace Lounge / HCD.2024)*
    6. How Can I Tell You - Charles Lloyd (Manhattan Stories / HCD.2016)
    7. How About You? - Bill Evans (Some Other Time: The Lost Session from the Black Forest / HCD.2019=KKJ.1016)
    8. Luny Tune - Larry Young (In Paris: The ORTF Recordings / HCD.2022=KKJ.1012)
    9. Águas de Março - Stan Getz/João Gilberto (Getz/Gilberto '76 / HCD.2021=KKJ.1014)
    10. Our Delight - Tommy Flanagan & Jaki Byard (The Magic of 2: Live at Keystone Korner / HCD.2013=KKJ.1004)
    11. Fascinating Rhythm - Sarah Vaughan (Live at Rosy's / HCD.2017)
    12. Woody'n You - Scott LaFaro with Don Friedman & Pete La Roca (Pieces of Jade / HCD.2005)
    13. The End of A Love Affair - Wes Montgomery (Recordings from the Carroll DeCamp archives)*
    14. Peace - Stan Getz Quartet (Moments in Time HCD.2020=KKJ.1015)

    国内仕様盤は、4頁ブックレット付。書下ろしライナーノーツ=1頁
    各収録曲のオリジナルとなった作品のジャケ及び紹介文=3頁

    • 0
      • -
      • -
      • -

      ★【御予約承り中】 【澤野工房CD10月新譜】CD WALTER LANG TRIO ウォルター・ラング・トリオ / FULL CIRCLE フル・サークル

      • 2016.09.26 Monday
      • 16:00

      ★【御予約承り中】【澤野工房CD】CD WALTER LANG TRIO ウォルター・ラング・トリオ / FULL CIRCLE フル・サークル

      確固たる技術、ダイナミックで繊細なプレイ、心に残る一瞬一瞬と出逢うことになる、新鮮でスリリングなアルバム。

      CD WALTER LANG TRIO ウォルター・ラング・トリオ / FULL CIRCLE フル・サークル



      ■ライナーノーツ これまで夜を描いてきたドイツのウォルター・ラング(p)がまた新たな世界への扉を開く。今回は全編を通して世界の土地や音楽への心を綴った、回想と現実を漂うようなアルバムだ。パット・メセニーの「ミヌアノ」(M1)、ファンへ捧げる日本の名曲、ジャズスタンダードはそこそこに、たくさんのオリジナルによる全13曲が収録されている。今回もトーマス・マークッソン(b)とセバスティアン・メルク(ds)という布陣で、作風に新しいニュアンスを加えながら、ダイナミックで繊細なプレイを展開する。「牧歌」(M2)は宮沢賢治の名作だ。わずか3音 (ファ・ソ・ラ) の旋律は、独自のフィルターを通すことで、懐かしさと透明感が共存する世界に広がりを加える。続く「フィドル」をイメージしたオリジナル(M3)は前曲とのコントラストが面白く、欧州の牧歌風な明るい雰囲気がある。ヴォイシングが中でも美しい表題曲「フル・サークル」(M10)は、ジャズの基本である五度圏〈Circle of 5th〉で一周する、ということなのだと思う。このアルバム全体の世界観にも通じるものがあり、ゆらゆらと浮遊しながらも3つのアーチによる美しい円が形成されていく。クロージング(M13)は、「カンザスの空」を描写した今までになくソウルフルでどこかロックなナンバー。オーティス・レディングやキャロル・キングが歌ってそう、と思わせるような土や風の香りさえ感じる。確固たる技術を持ち、光やランドスケープを操るウォルター・ラングは、フォトグラファーのような奏者だ。この作品を手にした人は、ずっと心に残るであろう一瞬一瞬と出逢うことになる。 (Text by 小島 万奈)

      1. Minuano
      2. Bokka
      3. Play that Fiddle
      4. Mathias
      5. Oborozukiyo
      6. Season of Lent
      7. Full Blast
      8. Old Folks
      9. Bali
      10. Full Circle
      11. Gipsies in Byzantium
      12. Taksim Meydani
      13. Kansas Skies

      Walter Lang (piano)
      Thomas Markusson (bass)
      Sebastian Merk (drums)

      2016年6月 録音
       

      ▼澤野工房の御注文承ります▼

      http://www.catfish-records.jp/product-group/36

      • 0
        • -
        • -
        • -

        ★【御予約承り中】【Analogue Productions PRESTIGE Stereo25】33rpm 200g重量盤LP Stereo Eric Dolphy エリック・ドルフィー / Out There

        • 2016.09.24 Saturday
        • 21:02

        ★【御予約承り中】【Analogue Productions PRESTIGE Stereo25】33rpm 200g重量盤LP Stereo Eric Dolphy エリック・ドルフィー / Out There

        ★人気のMONOシリーズに続くSTEREOシリーズ!! 限定盤LPです。お見逃しなく。
        33rpm 200g重量盤LP Stereo Eric Dolphy エリック・ドルフィー / Out There



        ★PRESTIGE STEREO 録音シリーズ。
        ★オリジナル・ステレオ・マスター・テープ使用。
        ★ケヴィン・グレイ氏のよるマスタリング。
        ★ゲイリー・サルストロム氏によるプレーティング。
        ★Quality Record Pressings社プレス。

        Side A:
        1. Out There
        2. Serene
        3. The Baron

        Side B:
        4. Eclipse
        5. 17 West
        6. Sketch Of Melba
        7. Feathers

        Eric Dolphy, alto sax, flute, Bb & bass clarinets
        Ron Carter, cello
        George Duvivier, bass
        Roy Haynes, drums
         

        • 0
          • -
          • -
          • -

          ★【御予約承り中】限定盤LP DIANA KRALL ダイアナ・クラール / Christmas Songs

          • 2016.09.24 Saturday
          • 19:38

          ★【御予約承り中】限定盤LP DIANA KRALL ダイアナ・クラール / Christmas Songs

          限定盤LP DIANA KRALL ダイアナ・クラール / Christmas Songs


          2005年にオリジナル・リリースされたダイアナ・クラールの8枚目のスタジオ・アルバムが初LP化。Clayton Hamilton Jazz Orchestraをバックに豪華に歌う作品。唯一のクリスマス・アルバムで初のビッグ・バンド・スタジオ作品。12曲収録予定。限定盤LP。(新譜案内より)

          1. Jingle Bells
          2. Let It Snow
          3. The Christmas Song
          4. Winter Wonderland
          5. I'll Be Home For Christmas
          6. Christmas Time Is Here
          7. Santa Claus Is Coming To Town
          8. Have Yourself A Merry Little Christmas
          9. White Christmas
          10. What Are You Doing New Year's Eve
          11. Sleigh Ride
          12. Count Your Blessings Instead Of Sheep

          Diana Krall - piano, vocals

          The Clayton/Hamilton Jazz Orchestra ;
          featuring
          Anthony Wilson, guitar
          Russell Malone, guitar
          John Clayton, bass
          Ben Wolfe, bass
          Robert Hurst, bass
          Stefon Harris, vibraphone
          Jeff Hamilton, drums
           

          • 0
            • -
            • -
            • -

            ★【NEW STANDARDS - Vinyl Record Series】完全初回限定プレス 180g重量盤LP 纐纈 歩美 / ART アート

            • 2016.09.16 Friday
            • 22:25

            ★【NEW STANDARDS - Vinyl Record Series】マスター盤プレッシング 完全初回限定プレス 180g重量盤LP 纐纈 歩美 / ART アート
            ※完全初回限定プレスです。御予約はお早めに!!
            近年の人気盤、秀逸盤をアナログ盤でアーカイヴ化する新企画、“NEW STANDARDS -Vinyl Record Series -”

            完全初回限定プレス 180g重量盤LP 纐纈 歩美 / ART アート


            ★纐纈歩美NYシリーズ第三弾「Art」が待望のLP化!!
            ニューヨーク・ジャズの第一線で活躍するミュージシャンとの息のあった演奏をアナログ盤ならではの温かみのある音で堪能ください。

            ★"纐纈歩美 NYシリーズ第3弾 最終章は「挑戦」。アルト・サックスの巨匠、アート・ペッパーの名演で知られる曲を、女性ジャズ・アルト・サックスの中心人物の一人、纐纈歩美が現代感覚で表現する。"(新譜案内より)

            SIDE A
            1. Cool Bunny クール・バニー(Art Pepper)
            2. Straight Life ストレート・ライフ(Art Pepper)
            3. Imagination イマジネーション(Jimmy Van Heusen)
            4. Diane’s Dilemma ダイアンズ・ジレンマ(Art Pepper)

            SIDE B
            1. Besame Mucho ベサメ・ムーチョ(Consuelo Velazquez)
            2. Holiday Flight ホリデイ・フライト(Art Pepper)
            3. Patricia パトリシア(Art Pepper)
            4. When You’re Smiling ホエン・ユーアー・スマイリング(Larry Shay)

            Ayumi Koketsu 纐纈 歩美(alto saxophone)
            Jeremy Manasia ジェレミー・マナシア(piano)
            Mike Karn マイク・カーン(bass)
            Mark Taylor マーク・テイラー(drums)

            2016年2月NYC-ブルックリンのSystems Two録音

            *ハイレゾ・マスター使用
            *マスター盤プレッシング
            *180g重量盤
            (アナログ盤企画:塙 耕記)

            御予約商品
            2016年11月3日 発売予定 予約締め切り2016年9月30日
            マスター盤プレス180g重量盤LP
            完全初回限定プレス


            ▼マスター盤プレッシングとは▼
            通常はカッティングされたラッカー盤 (凹) から、マスター盤 (凸) → マザー盤 (凹) → スタンパー盤 (凸) という工程でアナログ盤をプレスしますが、「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンバー盤を製作せずにマスター盤から直接プレスます。2度のコピーを省くため、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。(メーカーインフォ)
             

            • 0
              • -
              • -
              • -

              ★オススメ! 試聴ボタンで試聴をどうぞ! 寺島本ピアノトリオ500 掲載 限定復刻CD Andrea Pozza Trio アンドレア・ポッツァ / Introducing

              • 2016.09.15 Thursday
              • 18:47

              ★寺島本ピアノトリオ500 掲載 限定復刻CD Andrea Pozza Trio アンドレア・ポッツァ / Introducing

              限定復刻CD Andrea Pozza Trio アンドレア・ポッツァ / Introducing



              ★ジアンニ・バッソのサイドで腕を揮い、Philologyから出した幾つかの連名デュオ物や国内ヴィーナスよりのトリオ作品で評判を上げてきたイタリアの人気ピアニスト:アンドレア・ポッツァ(1965年イタリアのジェノバ生まれ)の、本盤は2003年3月ミラノで吹き込まれていたトリオ演奏集。曲はスタンダードな有名作品中心。

              ★適宜抑えを利かせたリラックスめの抒情的快演が小気味よく展開してゆく粋な好内容である。テンポ〜リズム面に程好く緩急のつけられた明朗で滑脱な行き方が続き(ソロ・ピアノ曲も結構ある)、主役pの、オーソドックスなハード・バップ・ピアノの基本イディオムを文体の根幹としながら、瀟洒なウィットとハートウォームなリラクゼーションに溢れた小唄感覚のバラード的フレージングや、エヴァンスの流れを汲んだ甘美で躍動的なロマンティック語法、モード色濃いめのダイナミックな熱情型アクション、アーシーなソウル風味も充分の豪快ブルース節、といった筆致のバリエーションも細かく自然に活用し、一貫して親しみやすい歌心と軽快なスイング感に満ちたスッキリ風味の娯楽的ストーリーラインを形成してゆく、という、バランス感覚も抜群の実に風通しよく清やかな直球型リリカル・バッパーぶりが絶好調。

              ★殊にスロー・バラードでの、慎重に音を選びつつ含蓄余情に富んだ中々懐の深い文脈を編み上げてゆく、構成力に長けたセンシティヴな語り口が絶品で、また全編に渡って機敏かつ温かなピタリとツボを押さえたサポートを見せるb&dsの、小回りの利いた立ち働きも美味なる好印象を残す。軽妙洒脱、単純明快にして濃やかな丹誠のこもった、味わい格別の逸品。

              ↑以前入荷時の当店キャプション。

              1. Fleeting Visions

              2. Yesterdays

              3. These Foolish Things

              4. In Walked Bud

              5. I'll Keep Loving You

              6. Blue Jump

              7. I'll Remember April

              8. I Let A Song Go Out Of My Heart

              9. Lush Life

              10. Falling In Love With Love

              11. Twilight

               

              Andrea Pozza (p)
              Luciano Milanese (b)
              Stefano Bagnoli (ds)

              2003年3月 録音
               

              • 0
                • -
                • -
                • -

                【御予約承り中】LP,CD ★1961年ハンブルグでの未発表ライヴ音源 HANS KOLLER & FRIENDS ハンス・コラー & フレンズ / Big Sound Koller

                • 2016.09.13 Tuesday
                • 22:28

                【御予約承り中】LP,CD ★1961年ハンブルグでの未発表ライヴ音源 HANS KOLLER & FRIENDS ハンス・コラー & フレンズ / Big Sound Koller

                (LP)
                HANS KOLLER & FRIENDS ハンス・コラー & フレンズ / Big Sound Koller
                (CD)
                HANS KOLLER & FRIENDS ハンス・コラー & フレンズ / Big Sound Koller



                ヨーロッパを代表するテナーサックス奏者/コンポーザーとして日本でも高い人気を誇るハンス・コラー、1961年ハンブルグでの未発表ライヴ音源が蔵出し! 彼のレギュラー・コンボに加え、アック・ヴァン・ルーイエン、カールハンス・ベルガーを含む6人の管楽器奏者がゲスト参加。ハンス・コラーが素晴らしいアレンジを施した楽曲の上で、それぞれが卓越したインプヴィゼーションを繰り広げる。未発表曲も多数あり、CD版は2曲追加の全12曲収録。またまた独SONORAMAからヨーロピアン・ジャズ発掘音源のビッグ・タイトルが誕生です!(新譜案内より)

                1. Lonely
                2. Hard Bop For Hartung
                3. Nippon Kazooki
                4. Homer`s Concert
                5. Indiana
                6. Waltz With Me
                7. Monkey
                8. Warming The Worm
                9. Remember
                10. Black Cats
                11. Tune For Antibes *
                12. Workshop Afterhours *

                *CDのみのボーナス・トラック

                こちらで試聴出来ます。
                 

                • 0
                  • -
                  • -
                  • -

                  【御予約承り中】★【BE!JAZZ RECORDS 初CD化】 8枚組CD V.A. / BURG ALTENA 1972-1973

                  • 2016.09.13 Tuesday
                  • 21:09

                  【御予約承り中】★【BE!JAZZ RECORDS 初CD化】 8枚組CD V.A. / BURG ALTENA 1972-1973

                  フリー・ジャズ・ファン必聴!! 通称「アルテナのライブ」で知られた音源が初CD化!!

                  8枚組CD V.A. / BURG ALTENA 1972-1973




                  ★JG RECORDSの「アルテナのライブ」はフリー・ジャズ・コレクターの間ではよく知られた作品だ。ブルク・アルテナ(ドイツの古城)で行われたインターナショナル・ニュー・ジャズ・ミーティング、その一部が初CD化となる。28ページのブックレット付き、リフォーム・アート・ユニット、アニマ、日野皓正、テオ・レオヴェンディーなどアナログとは被らない音源も収録されているようである。(新譜案内より)

                  ★1972年の一部は2枚組LP(JG-Records – JG 32/33原盤)で出ています。

                  CD 1 Dobrowolski & Bednarek+ Chris McGregor’s Brotherhood Of Breath (66 min)
                  CD 2 Michal Urbaniak Group+ Karl Berger Company (68 min)
                  CD 3 Wolfgang Dauner Et Cetera+ Phil Woods & His European Rhythm (68 min)
                  CD 4 Scandinavia New Jazz Group+ Tune For Bassclarinet (74 min)
                  CD 5 Reform Art Unit (63 min)
                  CD 6 Anima (49 min)
                  CD 7 Terumasa Hino Quintet (64 min)
                  CD 8 Theo Loevendie Consort (49 min)

                  RECORDED live at the Altena Castle, West Germany,June 24/25, 1972 & June 23/24, 1973
                   

                  • 0
                    • -
                    • -
                    • -

                    【御予約承り中】★2人のジャズマスターが、意気投合し録音 CD Jay Thomas , Gary Smulyan ジェイ・トーマス、ゲイリー・スマリアン / Lowdown Hoedow ローダウン・ホーダウン

                    • 2016.09.13 Tuesday
                    • 20:57

                    【御予約承り中】★2人のジャズマスターが、意気投合し録音 CD Jay Thomas , Gary Smulyan ジェイ・トーマス、ゲイリー・スマリアン / Lowdown Hoedow ローダウン・ホーダウン

                    ジェイ・トーマスとゲイリー・スマリアンという二人のジャズマスターが、意気投合し録音した『Lowdown Hoedown』リリース!

                    CD Jay Thomas , Gary Smulyan ジェイ・トーマス、ゲイリー・スマリアン / Lowdown Hoedow ローダウン・ホーダウン



                    生まれも、活動してきたシーンも全く異なるにも関わらず、まるで何十年も共に演奏してきたかのような一体感、且つ刺激的でスリリングなプレイを存分に聴かせてくれる。その重厚さはクインテットというより、まるでBig Bandのよう!ちょうどモダンジャズ全盛期に生まれた彼らが、ジャズの伝統を踏襲し、いわゆるビバップ〜ハードバップをベースにしたスタイルでスタンダードやジャズオリジナルを今なお新鮮なサウンドで繰り広げているということは音楽文化的、社会的にも大変意味のあることだと思う。今回、彼らの音をこういった形で記録できた事をとても嬉しく思う。このアルバムからは互いの尊敬の念と溢れる音楽愛、そして『人』に対する想いが聴こえてくる。ストレートアヘッドなジャズの未来を紡いでいるジェイ・トーマスとゲイリー・スマリアン。この偉大な二人の演奏者、そして彼らのコミュニティから本当に多くの事を学んできた私たち。これを後世に伝えるべき責任を感じつつもこのアルバムのリリースを祝い、サウンドに身をまかせたい。 ─CUGジャズオーケストラ、CUGレコーズ主宰 小濱安浩

                    01. Lowdown Hoedown(Curt Berg / ASCAP publishing company - Sitzmark Music)
                    02. Melanie(Freddie Redd)
                    03. Star Eyes(Gene De Paul and Don Raye)
                    04. Lotus Blossom(Billy Strayhorn)
                    05. Swing Spring(J.J. Johnson)
                    06. Ayane(Atsushi Ikeda)
                    07. Birdlee(Atsushi Ikeda)
                    08. Elusive(Thad Jones)
                    09. Hippo shoes(Jay Thomas)
                    10. Ah So(Horace Silver)

                    ジェイ・トーマス Jay Thomas (flh,ts,as)
                    ゲイリー・スマリアン Gary Smulyan (bs)
                    ジョン・ハンセン John Hansen (pf)
                    マイケル・グリン Michael Glynn (b)
                    アダム・ケスラー Adam Kessler (ds)

                    Recorded on May 25th 2015
                    at Avast Studios
                    Seattle Washington
                     

                    Check
                    • 0
                      • -
                      • -
                      • -

                      PR

                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>

                      CATFISH RECORDS TWITTER

                      ★MLON 音楽の図書館をご存知ですか?

                      MLON DISCOGRAPHY -MUSIC LIBRARY ON NET- はジャズの膨大なディスコグラフィーを日々、更新中です。レコード・CDの購入時の参考に是非、ご活用ください。

                      ★THINK! 昭和JAZZシリーズ! 好評です!!

                      好評の THINK! 昭和JAZZシリーズ! RAREな昭和の和ジャズディスクを復刻! 初CD化も有ります。お見逃しなく!!

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM